薬ができるまで


1.処方箋受付

病院から発行された処方箋を患者様から受け取り、期限が切れていないかなどを確認した上で、コンピューターに入力します。※処方箋の期限は発行された日から4日以内です。

2.処方確認

処方された薬の種類や量が決められた範囲を超えていないか、また患者様が飲んでいる他の薬との飲み合わせは問題ないか、等の薬のチェックをして問題が無い事を確認します。もしここで不明な点や、明らかにおかしい事があれば病院に電話をして医師に確認します。(不明な点は確認がとれるまで薬を出す事が出来ません。)

3.薬の準備

処方箋を元に正確に薬を用意します。粉の薬や、軟膏を混ぜるような薬の場合、錠剤の薬に比べて時間がかかる事があります。

4.薬の監査

用意した薬に間違いがないかどうか、最後にもう一度確認します。複数の薬剤師がいる場合は出来るだけ、用意した人と別の人が監査を行います。

5.投薬

初めての患者様であれば、記入して頂いたアンケートを元に、二度目以降の患者様であれば前回以前の薬歴を元に情報を整理し、今回どういった状況で受診したか、体調は変わっていないかなどの確認を行いながら薬をお渡しします。この時数に間違いが無いか患者様と一緒に確認しながらお渡しします。

出ている薬の内容、用法用量や効果的な飲み方などを説明します。薬によっては、少し複雑な注意事項があったりするのでそういった注意事項も一緒にお伝えします。また、薬の説明だけではなく、体調管理の面で大事な事なども一緒に伝える事もあります。

また、患者様が病院で聞いていた薬と違う薬が出ていたり、希望していた薬が出ていなかった場合、病院に電話をして確認し、訂正して出し直す場合もあります。

6.薬歴記入

投薬が終わった後、患者様とお話しした内容を記録に残します。次回以降の投薬の際、薬歴を見て今まで使った薬に関する情報(副作用が出たりしなかったか、体質に合わなかったか等)を参考にして、患者様に合った説明が出来るように心がけています。