お薬手帳について


お薬手帳とは?

お薬手帳は、自分が今飲んでいる(または過去に飲んでいた)薬の名前、量、日数、使用方法などの詳細を記録するための手帳です。また、過去にかかった病気やアレルギーを持っているかどうか、過去に副作用が起こったことがあるかなどの情報を記録しておけます。

お薬手帳の内容

・処方内容

調剤日、調剤した薬局の名前、処方箋を発行した医療機関の名前、薬剤の名前、用法・用量、日数など

・副作用歴

・アレルギーの有無

・主な既往歴(かかった事のある病気)

お薬手帳を持つメリット

☆薬の飲み合わせや重複をチェックできるので、副作用や飲み合わせのリスクを減らす事が出来ます。

☆今までに起きた副作用、アレルギーや過去にかかった病気などの情報を伝える事が出来る。

☆災害時や急に具合が悪くなったとき(旅行時など)に、自分の薬の情報を正確に伝える事が出来ます。

特に、災害時などは飲んでいる薬の情報を自分で管理する事はとても大切です。日頃から常に持ち歩くことをお勧めします。