ロゴについて


MOMO のコピー

ラクトファーマシーの牛のマークは社内ではmomoちゃんと呼ばれています。

このマークには3つの意味があります。

一つ目は薬局の名前にもなっているラクト(lact)すなわち、ミルクに由来します。

哺乳類はミルクを飲むことにより免疫をそなえ、成長していきます。私達の薬局でも健康に成長するための手助けをしていきたい。そういった思いが込められています。

二つ目は牛という生き物と人類の歴史に関わります。

古くから牛は人間のそばで、労働力として、乳製品の生産源として、肉という栄養源として、一緒に歴史を作ってきました。

私達の薬局も地域の人たちのそばで、ただ薬を作るだけではない幅広く役に立てる存在になっていきたいと考えています。

三つ目は、エドワード・ジェンナーの発見した天然痘という恐ろしい病に対する抵抗力をつける種痘という方法に由来します。

天然痘は撲滅されましたが、世界にはまだ多くの病が残っています。

それに対して新しい薬で対向するだけではなく、体の免疫力を強化することにより健康を手に入れる方法に対しても手伝える存在になっていきたい。

この3つの思いを十字の形で背負った牛がラクトファーマシーのロゴであるmomoちゃんなのです。