ラクトファーマシーの名前の由来

ラクトファーマシー(LACT PHARMACY)のラクトには2つの意味が込められています。

ひとつは、LACTは英語で乳を意味しており、乳は人間を含むすべてのほ乳類が生まれて最初に口にするものです。 ほ乳類にとっては生命の基礎となる重要なものであり、また母乳により免疫を獲得するところからが健康への第一歩となります。 わたしたちも薬局として健康に貢献できるようなになりたいという意味を込めています。

もうひとつは、ラクトを漢字で当てると楽人とすることができ、関わる人すべてと共に人生を楽しもうという意味が込められています。

地域密着

ラクトファーマシーでは、地域に密着した薬局を目指しています。

地域の方々に、気軽に相談をしていただいたり、用事がなくても立ち寄って頂けるような薬局を作っていきます。 「処方箋調剤」「医薬品やサプリメントの相談」「健康相談」「薬物乱用防止活動」「薬の知識の啓蒙活動」など様々な地域社会貢献を目指します。 また、地域で行われるお祭りなどのイベントにも積極的に参加し、地域の方々との交流を深めていきたいと考えています。

スポーツファーマシスト

ラクトファーマシーでは薬剤師が全員「JADA公認スポーツファーマシスト」の認定を受けています。

スポーツファーマシストは、ドーピング防止の専門知識を持つ薬剤師の資格です。

市販のお薬やサプリメント、病院から処方された薬でもドーピング違反となってしまうことがあります。 そうならないためにアスリートの健康相談、お薬相談も受けておりますので、競技者本人の方はもちろん、チームスタッフやご家族の方も ドーピングについての相談は、ドーピング防止の専門薬剤師であるスポーツファーマシストにご相談下さい。

MOMOちゃん

ラクトファーマシーのイメージキャラクターの牛の名前です。

牛のデザインの由来は、薬局の所在地が東京都新宿区の牛込地区であり、牛と縁の深い地域であるということから牛のデザインをつくりました。 また、健康・医療という意味においても、乳のイメージの強い動物であることや、最初のワクチンは牛から作られてたということから関連の深い動物であると考えています。